Brand Stories

Wonder Woman - ワンダーウーマン

「Iron Will=Iron Jill」というニックネームで、鉄の意志力(Will)を持つJillは、Intenzaのグローバル・ブランド・アンバサダーであり、ウルトラマラソンやアイアンマンレースでの達成において世界中の人びとに感動を与える存在である。そして、小さな一歩がフィットネスの始まりということを証明する存在である。

インスピレーションには様々な形がある。Jill Kuhnは一見アスリートのようには見えない。しかし彼女はエリート・アスリートであり、ウルトラマラソン・ランナーである。4人の子どもを持つこの母親ランナーは更にウルトラマラソンだけでなく、3.8kmのスイム、180kmのバイク、そして42.195kmのマラソンを休みなしで続けるアイアンマンレースの競技者でもある。(トライアスロンは総距離51.5kmであるのに対し、アイアンマンレースは総距離226kmである。)

「Iron Will=Iron Jill」というニックネームで、鉄の意志力(Will)を持つJillは、Intenzaのグローバル・ブランド・アンバサダーであり、ウルトラマラソンやアイアンマンレースでの達成において世界中の人びとに感動を与える存在である。そして、小さな一歩がフィットネスの始まりということを証明する存在である。ウルトラマラソンや、アイアンマンレースを走るということは、人間の能力の限界を超える挑戦であり、心身ともに究極の持久力を要する。驚くことに、彼女は学生の頃に何かの競技やフィットネスをしていたわけでなく、37歳までランニングに取り組んでいなかったと言うのであるから、普通では信じられないことを達成しているのである。

誰かに、私には無理だと言われたくない。子どもの頃からガリガリに痩せていたので、周りや自分自身に対して、自分にも何かが出来ると証明したかったのだと思う。

Jillはその業績によって、「Iron Will Iron Jill」というSNSアカウントで、多くのフォロワーを持っており、彼女の内に秘めた強さと忍耐力がIntenzaの目に留まったのである。Jillは、習慣的に運動することに苦戦している人に対しインスピレーションを与え、そしてフィットネスの最初の一歩が限りない未来に繋がっていることを示す体現者として、Intenzaの「TomorrowToday:未来は今日始まる」キャンペーンの顔となっている。「人から私はアスリートだという目で見られているようですが、私の身体はアスリートのような身体ではありません。ただ私には、何者にも何事にも止めることが出来ない精神力があります。他の人にも私と同じように感じて欲しいと思います。何が障害になっているとしても、絶対に乗り越えられる、達成出来るからです。その人たちには、“私に出来るのだから、自分にも出来る”と思って欲しいです」とJillは言う。

私には、何者にも何事にも止めることが出来ない精神力があります。

子どもを持つ専業主婦である彼女は、通常のレースと同じ環境、つまり屋外でのトレーニングを常に行うことは出来ない。そのような彼女のライフスタイルとトレーニングの必要性にIntenza 550 Te2インテンザ550シリーズ トレッドミルは最適なのだ。「最高のマシンだと思います。このトレッドミルを本当に気に入っています。最新のプログラム各種を備え、バラエティーに富んだワークアウトを選ぶことが出来ます」とJillは言う。インテンザのマシンが搭載するプログラムは多様性に富んでいることに加え、彼女の厳しいレースに向けてもより良いトレーニング体験を提供する。「通常トレッドミルで走っていると跳ねるようにマシンが揺れてしまい、スムーズな走りがなかなか出来ないことが多いですが、インテンザのマシンは安定感に優れた、まるで屋外を走っているような感覚を得ることが出来ます。私はウルトラマラソンへの準備期間はトレッドミル上で過ごす時間が長いので、外を走る感覚でトレーニングが出来ると言うのは競技のパフォーマンスに影響するのです。」

インテンザの工場は非常に効率的なエネルギー利用をしており、Jillはインテンザの環境への配慮や、サステナビリティに関するポリシーにも共感をしている。Jillは家族でエコな習慣を取り入れており、このように言う。「インテンザは、CO2の削減や、太陽光の使用、資源のリサイクルなどを通じて、環境に配慮する会社に対しての規範となっています。核となる価値観の部分で私個人のものと共通する部分が多く、それは私にとって非常に重要です。」

達成感こそがJillを突き動かすものであり、それは彼女の人格にも表れている。彼女が大切にしているのは、周りの人が何かを達成することや、乗り越えること、その人たちのよりアクティブな人生へと繋がるインスピレーションを与えることである。健康的な身体を保つためにウルトラマラソンを走る必要はない。ただ動き始めることが大切なのだ。Jillは文字通り、小さなステップから始めることが重要と強く信じ、このように言う。「散歩に行ったり、毎日エレベーターを使わないで階段を使ったりして、フィットネスを毎日の習慣の一部にすれば良いのです。あわせて、より健康的な選択をするように心がけてみてください。大きいことには見えなくても、出来ることをやってみてはどうでしょうか。」 #howfitnessshouldfeel #フィットネスのあるべき姿

BE PART OF THE INTENZA UNIVERSE

メールアドレスを登録して、最新商品や限定情報をチェックしてください

PRIVACY POLICY